« 2011年4月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

売れるお店の創り方 ~その6~ ロケーション・立地条件

cloverhana-planの逆井です。今回は中規模店舗ロケーション・立地条件についてですflair

いやすいお店は、必ずしも建物内(レイアウト)や販促(看板など)だけではありません

店舗の上に大きく左右するものは、新築や居抜でも同じ事が言えます、立地条件が重要なのです。SCテナントの考え方とはちょっと違いますが、僕がよく注意する動線を計画を載せますので、参考にしてください。

パターンA(交差点)、パターンB(T字路)の2パターンを検証してみましょう。律上原則、交差点又は横断歩道から5mは車進入は出来ません。ですから、建物位置は決まってくると思います。(下記は、信号のある交差点です)

happy01パターン①交差点

A1_2 A2 

2つの図面は、よくある交差点で「メイン道路」と「サブ道路」がある立地です。「A-1」の車INは何とかメイン、サブとも可能ですが、OUTの際に2方向は可能ですが、残り2方向は不可能です。逆に「A-2」はメイン道路からのIN一方可能一方不可能OUTは全て可能です。

A-1」は、店者数は期待できるでしょう。しかし目的買いのお客様は遠回りして帰る不便さも存在します。

A-2」は、ターゲット地域が、面でいう下の方であれば、買いやすい立地として考えられます。(大きく地域を見る開発状況を見るなど重要です)

happy01パターン②T字路

B1 B2

B3 B4

4つの図面がります(消し忘れの矢印があります、すみません)。T字路になると上記の交差点とはまったく違う結果になります。

B-1」がですね。

B-4」については、メインサブとも可能で、より利用しやすいロケーション・立地になっていると思います。

実際は、よく近隣状況を把握して判断してくださいね。また、今後の開発によっては人・車の流れが変わる場合もあります。ただ、じ投資金額でもロケーションによっては回収に大きく影響してくると思いますので、プロに相談されるかしてください。(地元の不動産屋さんに聞いても、建築家にきいても、恐らく分かる方は少ないでしょう・・・)

すでに、建っている店舗又は、居抜で、上記のシュミレーションを参考に、別駐車場を借りる計画(中長期)をする事も戦略の一つだと思います。

今回は、こんな感じです。必ずでは無いので注意が必要ですが、是非参考にしてみてください。(メモ的図面で申し訳ないです・・・)

★久しぶりのUPなので、何かコメント戴けたら幸いです。★

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年11月 »